知財コラム

8) 権利化前の刊行物提出制度 (Preissuance Submissions)

これまでも第三者による情報提供制度はありましたが(Protest制度、公開後の情報提供制度、権利付与後の情報提供制度など)、今回の改正により新たに権利付与前の刊行物提出制度 (Preissuance Submissions)が設けられました(§122(e))。

この制度においては、特許が権利化される前の一定期間に誰でも特許文献やその他の刊行物を審査に資するために提出することができます。
提出できる時期としては、以下の(1)(2)のうちいずれか早い方までとされています。
(1)許可通知(notice of allowance)の発送日
(2)公開公報の発行から6ヶ月又は最初の拒絶理由通知時のいずれか遅い方
提出に際しては、所定の手数料の納付と、提出する刊行物の関連性についての簡潔な説明が必要です。

この改正事項は、2012年9月16日から施行されますが、出願日がこれ以前の出願にも適用されます。

§122(e) PREISSUANCE SUBMISSIONS BY THIRD PARTIES.
(1) IN GENERAL. Any third party may submit for consideration and inclusion in the record of a patent application, any patent, published patent application, or other printed publication of potential relevance to the examination of the application, if such submission is made in writing before the earlier of
(A) the date a notice of allowance under section 151 is given or mailed in the application for patent; or
(B) the later of
(i) 6 months after the date on which the application for patent is first published under section 122 by the Office, or
(ii) the date of the first rejection under section 132 of any claim by the examiner during the examination of the application for patent.
(2) OTHER REQUIREMENTS. Any submission under paragraph (1) shall
(A) set forth a concise description of the asserted relevance of each submitted document;
(B) be accompanied by such fee as the Director may prescribe; and
(C) include a statement by the person making such submission affirming that the submission was made in compliance with this section.

関連記事

ご相談受付

知的財産権に関するご相談や料金表のご請求は、お電話またはお問い合わせフォームで受け付けております。

お気軽にご相談ください。

Tel: 03-5244-5282

Fax: 03-5244-5283

お問い合わせフォーム
アイデア