10) 拡大先願の例外(共有又は譲渡義務の例外)

拡大先願の規定の3つ目の例外として、先行出願に開示された主題が、クレームされた発明の有効出願日以前に同一人に所有され、あるいは同一人へ譲渡される義務の下にあった場合には、そのような開示は102条(a)(2)における先行技術から除外されます(102条(b)(2)(C))。

これは従来法103条(c)(1)に類似する規定ですが、本規定では非自明性だけではなく新規性の判断においても先行技術として取り扱われない点で従来法103条(c)(1)とは異なっています。

また、従来法103条(c)(1)では、同一人による所有又は同一人への譲渡義務の判断基準時を「発明時」としていましたが、本規定では審査対象である出願(後願)の有効出願日が判断基準時となります。

なお、本規定により米国特許又は米国特許出願公開公報が102条又は103条における先行技術でなくなったとしても、そのような米国特許又は米国特許出願公開公報は、ダブルパテントによる拒絶の根拠となる場合があります。

関連記事

  1. 14) 日本の出願人として留意すべき事項
  2. 13) 改正法適用クレームについての陳述書
  3. 9) 拡大先願の例外(発明者・発明者由来の先行公表例外)
  4. 12) 改正法が適用される出願
  5. 7) 拡大先願
  6. 6) 発明者・発明者由来の先行公表例外
  7. 5) グレースピリオド発明者由来発表例外
  8. 8) 拡大先願の例外(発明者由来開示例外)
PAGE TOP