手数料の安さだけで特許事務所を選んでいませんか?

すべての特許事務所が高品質なサービスを提供しているわけではありません。

例えば、外国で出願された英文明細書中の数段落を翻訳しないまま日本で出願してしまった特許事務所を見たことがあります。
このような事務所に貴社の重要な財産を任せてしまっていいのでしょうか?

「どの弁理士に頼んでも特許明細書の質はそれほど変わらないのでは?」と思われる方が多いかもしれません。
外国出願を扱っていると他人の書いた特許明細書を読む機会が多いですが、主語と述語の対応など日本語としての基本がなっていない明細書や一文が長すぎて係り受けがわからない明細書など、発明を説明する以前に日本語として問題のある明細書が意外と多いことに驚かされます。
特許出願の内容は審査官が審査しますので、審査官に理解してもらえる日本語でなければ話になりません。
当事務所では弁理士自らが日本語の明細書を英文に翻訳しておりますので、主語や述語の対応関係をしっかりと確認し、常に簡潔でわかりやすい日本語となるように心がけて明細書を作成しております。また、他人の特許明細書の欠点からも多くのことを学び、明細書の質の向上に努めております。
多くの特許事務所では弁理士が自ら翻訳することはほとんどありませんので、自分の欠点に気づかないまま明細書を書いている弁理士も多いのではないでしょうか。

重要なケースは本当に信頼できる特許事務所に依頼すべきです。

当事務所では、海外ローファームでの勤務経験もある弁理士が責任を持って案件を担当し、他の特許事務所には負けない高品質な知的財産サービスを提供いたします。